18年間使ったDocomo(ドコモ)からYmobile(ワイモバイル)のスマホに乗り換えてみて分かったこと。メリット・デメリットと気付いたこと

18年間愛用してきたDocomo(ドコモ)から、一大決心してYmobile(ワイモバイル)に乗り換えました。

一番の理由は多くの方が感じていると思いますが、スマホの月額料金が高すぎるからです。

約3年前に携帯電話からスマホに機種変更をしたときに料金プランが変更されて、毎月の支払いがとても高くなりました。家族でスマホ2台で1万3000円くらいです。

それでも縛りの2年を超えて3年間は使ってきたのですが、やはり冷静に考えると毎月1万3000円は高すぎます。ライトユーザーなので通話も通信もそれほど多くないため、利用状況と比較して納得のいく料金ではないと思えたのです。

 

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り替えようとしている理由はこちらのページからどうぞ。

Amazonプライム会員になってみて分かった、送料無料だけじゃない8つのメリットとは?こちらからどうぞ。

スポンサーリンク

ドコモで携帯電話を利用しているときには料金プランを選べたので、通話も通信もあまり利用が多くない私のようなユーザーは、それなりのプランで月額料金も低く抑えることができました。

Docomoを使い続けた理由を考えてみると、10年以上継続利用者への割引でした。しかしそれも冷静に考えてみると18年も使っているユーザーにしてみれば大した優遇でもなく、あまり恩恵のあるものではありません。カモられているようにさえ感じます。

またDocomoを使い続けたもう一つの理由として「安心感」や「ブランドイメージ」というものがあります。これはDocomoの強みである国内最大のモバイル会社でありサービスが行き届いているという点です。

これは確かにまちがいないのですが、今ではどの通信会社でも電波は通じるし、機器の使い方は自分で調べれば分かるし、今までも行き届いたサービスがメリットだなあと感じたことはありませんでした。

 

ただしこれはDocomoを否定している分けではありません。何でも対応してくれるDocomoのようなサービスが便利だと感じる人は少なからずいるのだと思います。自分でなんとかしようというユーザーでなければとても有益なものだと思います。

ただ私にとっては使わないサービスに対して料金を払う必要性を感じなくなったのです。
格安スマホという選択肢ができたことで、ユーザーが使い方によって自由に通信会社を選ぶことができるようになりました。

そこで、いろいろと月額料金を下げる方法を検討してみました。

スポンサーリンク

まずはDocomoが嫌いなわけではなく、できれば使い続けたかったので、料金プランの検討をしてみました。しかし、残念ながら良い料金プランは見つけることはできませんでした。通話は定額使い放題でパケットは制限有りというのも私の使い方に合っていません。

そこで次に候補となったのが、いわゆる「格安スマホ」や「MVNO」と呼ばれる通信・通話のサービスです。

格安スマホ時代は、まだ初期のほうなので、いろいろな会社が参入しています。変な会社を選ぶと早期に事業を撤退したりサービス終了になってしまうことも予想されます。ここは注意深く確認する必要があるなと思いました。

そしていろいろと調べた結果、大手や通信系の会社ならば比較的安心感があると考えて、候補に残ったのが下記の通信サービスです。

・Ymobile(ワイモバイル)
・OCNモバイルONE
・NifMo(ニフモ)
・楽天モバイル
・DMM mobile

同じようなサービスに思えますが、調べてみるとそれぞれ各社に特徴があります。

今回はYmobile(ワイモバイル)を乗り替え先に選びました。ただし、契約終了の2年後には、この中のほかのサービスに乗り換える可能性もあります。

この5社の中からYmobileを選んだ理由とYmobileの特長をご紹介します。

(Ymobileを選んだ理由)
・月額利用料が安いこと。
・無料通話があること。
・キャンペーン中で、スマホ端末(Nexus5)が安く買えたこと。
・Docomoのスマホでも設定すれば使えること。

(Ymobileの特長)
・ソフトバンク系列。
・ドコモまたはauから乗り換えると月額2,980円。(ただし2年間限定)。
・ソフトバンクからの乗り換えにはこの料金(2,980円)は適用されず、月額3,980円
・最大のメリットは10分以内の通話が月300回まで無料で使えること。
・通信は使用量によってプランが分かれている。

おどろきなのは、スマホの月額利用料金です。

ドコモからの乗り換えなので、月額2,980円だと思っていたら、さらにキャンペーン価格で2年間は月額1,980円!
さらにさらに家族で2台利用なので、1台は家族割が適用されて、月額1,480円!

スマホ2台で月額3,460円!!

すごくないですか?

Nexus5を2台使って月額3,500円程度で通話も10分以内に終らせれば追加料金はありません。
ちなみに通信プランは1GBです。

ドコモを使っていた頃に比べて、毎月1万円の節約になりました。

今まで何とムダなお金を使っていたことか・・・。
逆に早く乗り換えなかったことを悔やむくらいの衝撃価格でした。

ちなみにNexus5は1台9,800円でしたが、わずか2ヶ月で元が取れています。
ドコモの解約料金や色々な経費も1ヶ月で元が取れました。

そして、Ymobile最大のメリットだと思うのは「10分間の通話が月300回まで無料」です。
これは私にとっては、実質「かけ放題」と同じことです。
もし10分を超えそうになったら一度切って、もう一度電話をかければいいのです。

スマホ2台で月額料金3500円・・・。本当に、この料金でスマホが使えるんですね。

もし、ドコモやauのユーザーで乗り換えを考えているならば、検討する価値があると思いますよ。

とりあえずワイモバイルを見てみる場合は、下記のリンクからどうぞ。

↓ワイモバイルはこちらです↓

(デメリットや注意点とその対処について)
良いことばかり書きましたが、デメリットや注意点もありますのでお伝えしておきます。

・メールアドレスが変わる
3大キャリアメールが使えなくなります。
(ドコモ) ×××@docomo.ne.jp
(au) ×××@ezweb.ne.jp
(ソフトバンク) ×××@softbank.ne.jp

おそらくこれは困るまたは変更の連絡がめんどくさいという人は結構多いと思います。
でもこのメールアドレスの問題にしばられて毎月高い料金を払い続けるというのも、もったいないなあとも思うのです。

対処のひとつとしては、キャリアメールをやめてGメールを使う方法があります。私はこの方法で対応していますが、1年以上使ってみて何の不自由もありません。

Gメールの使い方についてはこちらのページでご紹介しています。

また、Ymobileならばキャリアメール(携帯メール)を使うことができます。
×××@ymobile.ne.jp

以前はメールアプリが非常に使いにくかったのですが、使い勝手が向上して実用的になりました。
Ymobileメールのアプリについてはこちらのページで解説しています。

・通話と通信エリアがソフトバンク回線になる
デメリットではありませんが電波のエリアが変わります。今までドコモやauのエリアで使っていた場合、ソフトバンクエリアで電波が入りにくいということも考えられます。
ただ最近のこれだけインフラが整備された現在では、電波が入らないということは、ほとんどないのではないか?と思います。

・2年後にはキャンペーン適用が終わる
Ymobileもこのまま使い続ければ、2年後には通常料金の月額3,980円になる予定です。
(追記)月額2980円で使い続けられるようになりました。

キャンペーン適用が継続されればその後も使い続けますが、月額料金が上がるならば、そのまま継続するつもりはありません。
その時点でまた各社の比較検討をして、メリットのある通信会社を選びます。
こういった手続きや調べることが面倒だと思う人にとっては、その手間が結構デメリットかもしれませんね。

・最新のスマホを使おうとするとコストが掛かる
3大キャリアの場合は2年ごとに機種変更していけば、基本的には最新の機種を使うことができます。
格安スマホやMVNOでは、提供されている機種は必ずしも高機能の最新機種ではありません。
自分で好きな機種を用意することができるメリットがあるのですが、高機能の機種を選ぶとコストが掛かります。

・故障対応
格安スマホやMVNOでは、端末が壊れたときの3大キャリアのような対応は期待しないほうが良いでしょう。
店舗を持たない通信会社が多いので故障対応は基本的には自分ですることになります。
その点ではYmobileは店舗もありサポート体制もあるので比較的安心です。

・おサイフケータイが使えない
これはワイモバイルのデメリットではなくて、Nexus5のデメリットです。おサイフケータイ対応機種を使えば、ワイモバイルでも問題なくおサイフケータイが使えます。
私はおサイフケータイが必須なので、以前のドコモのスマホをおサイフケータイ専用機にして2台持ちになっています。
対応策としては、SuicaやEdyなどのICカードを使うという方法もあります。

・ワンセグが見られない
これもワイモバるのデメリットではなくて、Nexus5のデメリットです。ワンセグ対応機種を使えば問題なく、ワンセグが使えます。というか、もうフルセグの時代ですよね。私には必要ないので何の問題もないのですが・・・。

 

いかがでしたか?

私の場合は、デメリットや注意点を確認して、対処できることは対処して、あきらめるところはあきらめました。
それ以上に削減コスト月額1万円のメリットは大きいのです。

年間では、12万円もの節約なります。相当な金額ですよね・・・。
それを考えると、少しくらいの制約があっても問題なく使えています。

格安スマホやMVNOと呼ばれるサービスは、ユーザーの選択肢を広げる非常に有益なものだと思います。
もちろん3大キャリアが自分の使い方に合っていれば、それを使うのも選択肢としていいと思います。

ただし「なんだかよく分からないからそのまま3大キャリアを使う」というのは、コストを考えると、もったいないと思うのです。キャリアの選択肢を拡げることで、大きな節約ができますよ。

月額1万円あれば、いろいろなことに使えますよね・・・。

個人的にはYmobile(ワイモバイル)が今のところおススメです。
楽天モバイルも次の候補としていいかな?と思っています。

みなさまのご検討の参考になりましたでしょうか?

とりあえず、自分の使い方に合っているかどうか?を確認して、検討する価値はあると思います。

ワイモバイルのスマホを見てみる場合は下記のリンクからどうぞ。

↓↓ワイモバイルはこちらです↓↓

 

↓↓楽天モバイルを見てみる場合はこちら↓↓

(関連ページ)
Ymobile(ワイモバイル)でiPhone7(アイフォン7)とiPhone6は使えるの?おサイフケータイSuica(スイカ)には対応しているか?

Ymobile(ワイモバイル)から楽天モバイルへの乗り換えを考えている3つの理由。評判通りなのかメリットとデメリットを検討してみたところ・・・

Ymobile(ワイモバイル)でようやくキャリアメールアプリが実用的に使えるようになった!Nexus5で快適に使えています

スマホ代毎月5000円節約!格安スマホの3つの心配事について大手キャリアとのちがいを比較!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

PCデジタルのホームページへ

スポンサーリンク

 

ありがとうございました。このページはどうでしたか?
  • よかった (121)
  • ふつう (8)
  • まあまあ (7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*