お札の向きは上?下?長サイフの迷信とお金持ちの人が長財布を使っているたった一つの理由

お財布に関するうわさで、「長財布を持つとお金持ちになれる」とか「持っているお財布の値段の200倍が年収になる」とか言われておりますが、どこまで本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

冷静に考えてみると、使うお財布を長財布にしたからといって、お金持ちになれるわけではないですよね?

5万円もするお財布を使っているからといって、必ずしも年収1000万円になるわけではないですよね?
(5万×200=1000万)

これは、ある税理士さんが書いた本の情報が短絡的に用いられているようで、本来は「お金を大切に扱っている」とか「整理整頓ができている」などの基本的な行動ができていることで、その人の評価や仕事の評価が上がって、結果としてお金持ちになれるといった趣旨のようです。

この意味ををまちがえてしまうと、短絡的に「長財布を使えばお金持ちになれる」とか「高いお財布を買えばお金持ちになれる」などのオカルト的な情報が出回ってしまうわけです。

また、お札を財布に入れるときに「向きをそろえるとお金持ちになれる」「お金が財布に入ってくる」という情報もあります。

これもおもしろいもので説が2つあります。どちらも「お札の向きをすべてそろえる」のは同じなのですが、上下がちがいます。

・人物の頭を下にする
→お札がお財布に入ってくるという連想。

・人物の頭を上にする
→お札に心地よく過ごしてもらうという連想。

どちらもおもしろい連想だとは思いますが、これについては有名なホリエモンさんが「迷信だ」と言っています。
お金持ちのホリエモンさんが言っているのだから、おそらく迷信なのでしょう。

これもまた、お金に対して「整理整頓ができる」とか「ていねいな扱いができる」ことがその人や仕事につながるという意味なのだと思います。

お札の気持ちになって考えてみると、頭が下になるよりも上のほうがいいかな?と思って私は上向きにしています・・・。

スポンサーリンク

「持っているお財布の値段の200倍が年収になる」という表現は、違和感を感じることがありますが、逆に「年収の200分の1くらいの値段のお財布を持つ傾向にある」という表現だったら、どうでしょうか?

例えば年収1000万円の人が、5万円くらいのお財布を持っているならば納得がいきますよね。
年収500万円の人が2万5千円のお財布を持っているのはちょっと高いでしょうか?

このように単純に年収とお財布の値段を結びつけるのは、なかなか理屈がむずかしいようです。

話のネタとしてはおもしろいですね。

では、「長財布を持つとお金持ちになる」のは必ずしも正解ではありませんが、「お金持ちが長財布を持つ」のには、1つの理由がありました。

その理由は、お札を財布に入れる行動で分かります。

例えば20万円をお財布に入れるとします。

二つ折りのお財布では、パンパンになってしまいます。入らないかもしれません。

長財布ならばスマートに収まりますね。

20万円を持ち歩いている人が果たしてお金持ちなのか?そもそも本当のお金持ちはマネークリップを使うとか現金を使わないなどの話もありますが、お札の量が多い人は長財布を使うほうがスマートという理由に私は納得できました。

最近ではお財布を持たないという人もいるようです。
たしかに電子マネーがスマホや携帯電話に入っていれば、電車やバスに乗れるし、買い物もできてしまいます。

とても便利なツールなのですが、これからの世の中、現金はどんどん少なくなっていくのでしょうか?
ポイントカードも電子化されていますので、そうするとお財布はますますいらなくなってきますね。

まあ、お財布がなくなることは無いと思うのですが、未来のお財布はいったいどのようなものになるのでしょうか?

スポンサーリンク

PCデジタルのホームページへ

 

ありがとうございました。このページはどうでしたか?
  • よかった (0)
  • まあまあ (0)
  • ふつう (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*