Windowsのリモートデスクトップ接続で「CTRL+ALT+DEL」を使う方法とは?

Windowsのタスクマネージャを呼び出したりするときに使う、「CTRL+ALT+DEL」のキー操作ですが、Windowsのリモートデスクトップでは、どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

Windowsのリモートデスクトップ接続に関する豆知識です。

リモートデスクトップ接続とは、自分のパソコンの画面上で、他のパソコンを操作できる便利な機能です。

離れた場所に置いてあるパソコンのトラブル対応などに活用することができます。

ところで、Windowsでタスクマネージャーなどを出したい時にはキーボード操作で、「CTRL+ALT+DEL」と押すと、「Windowsのセキュリティ」の画面が出ます。

このキー操作をリモートデスクトップで実施すると、接続先のパソコンではなくて、自分のパソコンの「Windowsのセキュリティ」画面が表示されてしまいます。

Windowsセキュリティ画面

 

リモート接続先のパソコン内で「CTRL+ALT+DEL」を使いたい時は、

「CTRL+ALT+END

と「DEL」の代わりに「END」キーを押すことで使用できます。

 

また、マウス操作の場合は、左下のWindowsの丸いマークまたは「スタート」から、「Windowsセキュリティ」をクリックします。
クラシック表示の場合は「スタート」→「設定」→「Windowsセキュリティ」です。

Windowsセキュリティ

リモートデスクトップ接続しているときだけ表示される機能です。(通常のローカルでは表示されません。)

Windowsのリモートデスクトップで使うことがあると思いますので、キーボード操作とマウス操作の両方を覚えておくと便利だと思います。

スポンサーリンク

人気の記事の一覧へ
カテゴリー別の一覧へ
PCデジタルのホームページへ

スポンサーリンク

 

ありがとうございました。このページはどうでしたか?
  • よかった (0)
  • まあまあ (0)
  • ふつう (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*