アマゾンのKindle(キンドル)マンガ用モデルはどんなタブレット?気になる容量や値段、カラー(色)などの特徴は?漫画以外も読めるの?

Amazon(アマゾン)のKindle(キンドル)に「マンガ用モデル」が発売されました。

キンドルは電子書籍用のタブレット端末で、色々な種類が発売されていますが、マンガに特化した「マンガモデル」は今回初めてです。

また、このマンガモデルは日本のみで発売されています。

では、キンドルのマンガモデルとは、どのようなタブレットでどんな特徴があるのでしょうか?

これ1台あれば、こち亀200冊も楽勝で全部持ち運べる!キンドルのマンガモデルとは?

(値段)
1万6280円(通常)
1万2280円(プライム会員価格:4000円割引)
アマゾンのプライム会員とは?

 

(容量)
32GB(ギガバイト)

32GBとは、どれくらいの容量なのでしょうか?マンガでいうと700冊くらい、小説などの本は文字数にもよりますが数千冊は保存できる容量です。こち亀が全200巻ですが、全部買ってもまだまだ保存できますね。

 

(マンガしか読めないの?)
キンドルの「マンガモデル」となっていますが、マンガだけが読めるということではなくて、小説や雑誌などの通常のキンドルの本も読むことができます。

 

(ダウンロード方法は?)
キンドルのマンガをダウンロードするには、Wi-Fi(無線LAN)を利用します。マンガモデルのキンドルにはモバイル通信(LTE)のモデルはありません。

家やWi-FIスポットでマンガをダウンロードしておいて、電車の中などの外出先で読むという使いかたを想定しているようです。テザリングのできるスマホやモバイル通信端末を持っていれば、そこからダウンロードすることができますが、データ通信量が大きくなることもあるので注意が必要ですね。

スポンサーリンク

 

(マンガモデルの最大の特徴は?)
マンガに特化したモデルということで、ページをめくる速度(表示スピード)が大幅に高速化されています。小説などとちがって、パラパラとページをめくる頻度の高い「マンガ」の特性に合わせた仕様なんですね。

また連続ページターンという読み飛ばし機能が付いていて、かんたんに進んだり戻ったりして見ることができるようになっています。

 

(バッテリーはどれくらい持つの?)
長時間バッテリーなので、一度充電すれば、毎日30分使っても最大で6週間!も電池が持ちます。外出先で使おうと思ったときに電池切れになる心配が少ないのは、電子書籍端末としては必須の機能ですよね。

 

(本体の色:カラーは?)
ブラック(黒)とホワイト(白)の2色です。

マンガモデル(ブラック)

マンガモデル(ホワイト)

 

(サイズや重量は?)
重量:205グラム
画面サイズ:6インチ

iPad mini(アイパッドミニ)よりも、一回り小さい感じの大きさです。重量も205グラムと軽めに作られています。手に持っていて疲れないようになっているんですね。

 

キンドルのマンガモデルは買いなのか?

マンガが700冊保存できて、小説ならば数千冊保存できれば、もうこのキンドル1台で本棚がいらなくなりそうです・・・。

もしキンドル本体に入りきらないほどのマンガや本を買ったとしても、データはアマゾンのクラウドに無料で保存されるので、いつでも好きなときにダウンロードできます。これはすごいですね。

キンドルのマンガモデル、ぜひ一度見てみてください。

 

(関連ページ)
Amazon(アマゾン)プライム会員になってみて分かったこと。送料無料・ビデオ見放題・音楽聞き放題!メリットやデメリットは?

単行本200巻で終了する「こち亀」が無料で読めるアプリ!Amazon(アマゾン)のKindle(キンドル)とは?

Amazon(アマゾン)の送料を無料にする4つの方法。お急ぎ便や2000円以下の注文も無料にできるの?

PCデジタルのホームページへ

スポンサーリンク

 

ありがとうございました。このページはどうでしたか?
  • よかった (0)
  • まあまあ (0)
  • ふつう (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*