FMトランスミッターはどれを選ぶ?Bluetooth接続の便利なおすすめの1台!車でスマホの音楽を聞く方法とは?メリットとデメリットは?

スマホに入っている音楽を車で聴くのに便利なアイテムとして、「FMトランスミッター」を使うという方法があります。

スポンサーリンク

FMトランスミッター」とは、トランスミッター本体から電波を出して、それをカーオーディオなどのFMラジオで受信して音楽を聞くという仕組みです。車にFMラジオが付いていれば、CDなどのカーオーディオが無くてもスマホの音楽を聞くことができます。

ところがFMトランスミッターは、色々な機種が出ていて、どれを選んだらいいのか?と迷ってしまいますよね・・・。

そこで、私が実際に使っている、値段も手ごろで機能的にもすぐれた「Bluetooth接続方式のFMトランスミッター」をご紹介します。Amazonでも人気の機種で、ドライブにとても重宝しています。FMトランスミッターを選ぶときの参考にどうぞ。

 

こちらが、そのFMトランスミッター「BTBC06」です。

どのように使うのか簡単にご説明します。

・FMトランスミッターを車のシガーライター電源に差し込む。
・「スマホ」と「FMトランスミッター」をBluetooth(ブルートゥース)で接続する。
・「FMトランスミッター」と「車のFMラジオ」の周波数を合わせる。

このように設定することによって、

スマホ(Bluetooth)FMトランスミッター(ラジオ電波)車のFMラジオ

というように無線で接続されて、車のFMラジオからスマホの音楽が流れてくるという仕組みです。配線は不要です。ワイヤレス(無線)ですべてが完結します。

スマホとFMトランスミッターとのBluetooth(ブルートゥース)接続の方法も簡単です。

FMトランスミッターを車のシガーライターに差し込むと本体の電源が入って、Bluetooth接続の待機状態になります。その状態でスマホのBluetooth設定画面にすると、FMトランスミッターが「BC-06」という機器として認識されますので、機器をタップして設定すれば接続完了です。通常パスワードは必要ありませんが、求められた場合は初期設定の「0000」を入力します。

実際にやってみると、あっさりと簡単にBluetooth接続の設定ができました。一度接続しておけばスマホがFMトランスミッターの機器を覚えていますので、次回からはスマホのBluetoothを「ON」にすれば接続できます。

次にFMトランスミッター本体とFMラジオの周波数を合わせます。

プリセットされている固定周波数ではなくて、0.1単位で周波数を自由に選ぶことができますので、FMラジオが流れていない周波数を選びます。

たとえばFMトランスミッターを「90.1」にして、FMラジオも「90.1」に合わせます。

音が聞こえにくかったり、雑音が入ったりするようならば、周波数を変えていくつか試してみると良いですね。

スポンサーリンク

FMトランスミッターでよく言われるのが、「音量が小さい」ことと「音質はどうなのか?」という問題です。

まずは「音量が小さい」問題についてですが、私の試した環境では接続する機器によって音量にちがいがありました。

「Nexus5」と「Nexus7」と「iPod」では、機器側(スマホやタブレット)の音量を大きくすることで、FMラジオ側でも充分な音量が出ています。

「AQUOS SH-10D」という機種では、スマホ側の音量を最大にしても、FMラジオの音量を上げないと音が小さいです。

機器側の出力?なのかBluetoothの接続状態?なのか原因は分かりませんが、接続機器による差があるようですね。いずれにしても、FMラジオの音量を調節すれば対応できるので、それほど気にしなくてもいいレベルだと思います。

そして「音質はどうなのか?」という問題ですが、これは最高でもFMラジオの音質であって、良くも悪くもFMラジオ音質であるのですが、個人的にはまあまあ良い音なのではないかと思います。こもったりすることもなく、普通にFMラジオ並みに聞こえます。

ただし私は音楽にこだわりがない人なので、音にこだわる人にとっては良い音ではないかもしれません・・・。もっともそういう人は、カーオーディオも良いものを使っているのででしょうから、FMトランスミッター自体を使わないのでしょうか・・・。

またFMラジオの電波なので、場所によってはたまに雑音が入ることがあります。まあFMラジオでも同じですね。これも私は気になりませんが、人によっては少しでも雑音が入るのは嫌だということもあるでしょう。

あと、何気に便利なのが本体がコンパクトなので、持ち運ぶことができるということです。ポケットにも入るくらいの小さなサイズです。

他の車に持っていっても、FMラジオが付いている車ならば自分のスマホの音楽を聞くことができるので、例えば友達の車とかレンタカーとか勤務先の車などでも使うことができますね。これはなかなか良いと思います。

(その他の便利な機能など)
・有線接続もできます。スマホなどのイヤホンジャックからFMトランスミッター本体に付属のオーディオケーブルで接続することもできます。Bluetoothが無い機器でも使うことができるようになっています。

・FMトランスミッターにUSBポートが付いていて、USBメモリを差し込んで使うことができます。USBメモリに音楽ファイルを入れておけば自動的に再生されます。

・USBポートでは、スマホの充電もできるようになっています。(充電ケーブルは付属していません。)音楽を再生しながら充電もできます。

・電話が掛かってきたときのハンズフリーマイクとしても使えます。(私は使っていませんが・・・。)

 

最後に、このFMトランスミッターのメリットとデメリットをまとめてみます。

(メリット)
・手ごろな値段の割りに性能が良い。
・配線が無くてワイヤレスで使える。
・FM周波数が0.1刻みで自由にえらべる。
・本体がコンパクトで持ち運べる。
・Bluetooth接続設定がかんたん。
・音質は悪くない(と思う)。

(デメリット)
・有名メーカー品ではない。
・多機能なので寿命が心配。(まだ壊れていないので分かりませんが・・・。)
・小さいので、ボタン操作がしにくい。
・FMラジオ電波なので雑音が入ることがある。

 

いかがでしたか?ネットでいろいろと調べてたどりついたこの機種ですが、なかなか気に入っています。人におすすめできる製品だと思っていますので、FMトランスミッター選びの参考にしてみてください。

おススメのFMトランスミッター

スポンサーリンク


(関連ページ)
イヤホンIX1000は音楽にこだわりのない人にこそ使ってみてもらいたいおすすめ品。MUIX製IX1000のレビューと感想
PCデジタルのホームページへ

 

ありがとうございました。このページはどうでしたか?
  • よかった (0)
  • まあまあ (0)
  • ふつう (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*